正しい白髪染めをすれば色落ちはほとんどしない!?

あなたはこれまで白髪染めを行って、白髪染めはすぐに色落ちしてしまうから、何度も回数を重ねないといけないなんて思っていませんか?
実は色がすぐ抜けてしまうのは大抵白髪染めの仕方に問題があるのです。
確かに、色が入りにくいものもありますが、実際にはやり方が正しくなく、色落ちが早いということが多いのです。
そこで今回はそんな色落ちしない正しい白髪染めの方法を紹介していきましょう。

白髪の度合いによって、薬の量を変える

ほとんどの人は髪の全体に染み込ませることを意識しすぎてしまって、部分ごとでの薬の量を変えていない人がたくさんいますが、やはり白髪の色が強いところにはできるだけ多めにしないと、他の色と同じように見せることはできません。
そのため少し手間になってしまいますが、白の色が強いところは量を多めにすることを意識してみてください。

寒いところで行うのではなく、暖かい部屋で行うのが良い

部屋の温度が30度前後くらいのところで行うとちょうどよく色が入ります。
寒いところや涼しいところで行うと、色が入りにくいため、暖かい部屋で行うのがベストです。
意外と部屋の温度まで気にしている人は少ないですが、部屋の温度はとても重要なポイントなので、ぜひ意識してみてください。

いかがでしたでしょうか?以上が正しい色落ちしない白髪染めの方法についてでした。
ぜひ、あなたも白髪染めをする際には、これらのポイントを意識してみてくださいね。